男性特有の悩みでもある包茎。日本人の約7割が包茎と言われていますがその殆どは仮性包茎だそうです。包茎にも手術の必要な物から必要で無い物まで様々なものがあり治療法も確立されてきています。本来は体の悩みのはずがコンプレックスにより心まで疲弊してしまう場合も多いので正しい知識を身に付けましょう。
包茎治療・手術のススメ 正しい知識と治療を

子供の包茎

子供を持つ親は気になるうちの一つです。色々な情報が飛び交っているので間違った情報もちらほら有りますよね。子供のうちから皮をむいて置かないと引っ付いて大人になってもむけなくなるとか、皮の中も洗わないと、菌が溜まって病気になるとか、心配する話が飛び交っています。

最近は、包皮を反転させて洗い、清潔にするよう指導される場合もあります。しかし逆に、「幼少期に無理にむいて洗うのは危険」とされているので注意が必要です。それは、子どもの包皮は未だ伸びにくく、無理にむいて洗うと包皮が傷つき、傷跡が修復される過程で真性包茎になってしまう場合があるからです。そうなると、何をしているか分かりません。胎児の頃は、包皮内板と亀頭は元々癒合しております。包皮は亀頭を保護する役割を果たしていると考えられます。故に、乳幼児にみられる包茎の殆どは「生理的包茎」で、幼児や学童と成長するにつれ徐々にむけてくるものです。まず、新生児は96%が手を使ってもむけない包茎の状態ですが、乳幼児の頃には包茎と思われても徐々にむけてきます。1歳では50%、3歳では70~90%そして、17歳では99%包皮がむけて心配のない状態となるといわれています。

包皮をむかない状態で普段からきれいに洗えば大丈夫ですし、包皮炎を起こす場合も抗生物質の飲み薬を使えば問題にはなりません。お子様の健やかな成長のためにも、しっかりとした知識が必要です。

仮性包茎

簡単に言うと、勃起していない自然な状態で、陰茎の亀頭部分の全部または一部が皮で覆われている包茎の種類の事です。仮性包茎だと判断される場合には次のような状態の時です。まず一つ目は、普段は皮で覆われているものの、勃起時には亀頭が露出するパターン。二つ目は、 勃起している、していないに関わらず、痛みはなく、手で 亀頭を露出することができるパターンです。痛みを伴わない場合や重度の仮性包茎以外ならば、日常生活や性交渉などでは仮性包茎が問題になることはほとんどなく、特に手術や治療の必要もありません。

しかし、いつからでしょう?世間では「仮性包茎」のイメージはあまり良くないですよね。イメージを調査してみると清潔でないとか、性交渉の際、問題がおこるとか、男性自身が人に知られたらかっこ悪いとか、女性に見た目が良くないと言われるとか様々です。日本人男性の6割以上が実は、仮性包茎であると言われています。一方、割礼と言って出産時に男性児の皮を切除する事が施された男性が約60%もいるアメリカでは、失われた「包皮」を取り戻すための矯正 手術や器具が販売されているのが現状です。 こう言った系統の悩み等は、なかなか他人には言えずましてや、家族にも言えず自分だけで情報を収集してしまい、その中の混じっている間違った情報も取り入れ違う病気等になるのが一番危険です。包茎は恥ずかしくないと言う知識をつけましょう。

仮性包茎と衛生

仮性包茎は不衛生と言ったイメージをもたれている方も多いのではと思われます。ましてや、仮性包茎だけでなく、真性包茎は衛生的じゃないと決め付けて言われる事がよく耳にします。 確かに包茎の人は実際、包茎じゃない人よりかは恥垢がたまりやすく、それが原因で悪臭の原因にもなったりします。 しかしながら、それは男性だけではありません。 女性の場合も構造的に、恥垢などが性器に付着することは、決して珍しいことではありませんし、悪臭も身体の構造上、男性よりきつい悪臭になる場合もあります。

しかしながら、男性に比べて女性はマメに手入れをし、清潔に保つ事をを心がけています。 つまり、包茎だから不衛生というわけではなく、各自の日々の手入れや、清潔に保つための行動をしているかどうかと言う事です。 また、それに関連した話題としてあげますと、日本では女性は行いますが、アンダーヘアーの処理があります。海外では男性でもアンダーヘアーの処理がされていないことは、あまりイメージがよくないとされているエストニア等の国もあります。エストニアには男性がヘアーを処理するための美容院まであります。日本ではそこまで、広がるかどうかは分かりませんが、アンダーヘアーの処理がされていない事が清潔感がないと言うことになれば、ヘアーの処理も結局のところ、するかどうかですよね。 つまり、包茎にしろ、ヘアーにしろ清潔感を保つ為にマメに手入れを行えばいい事です。決してそのものが不衛生という事ではありません。

包茎治療コンテンツ紹介

当サイト【包茎治療・手術のススメ 正しい知識と治療を】のコンテンツをご紹介致します。

トップページ
当サイトのトップページとなります。美容整形に関する最新の記事を掲載しています。

子供の包茎
男性ならばご自身の経験から子供の包茎というのは気になるのではないでしょうか?大人になって困らない為にも小さい頃から包皮を剥いた方が良いと考えたとしても仕方が無い事だと思いますが、子供の包茎には理由があるのです。

仮性包茎
仮性包茎とは一体どのような状態の事を指すのでしょうか?簡単に言ってしまうと勃起していない状態で亀頭が完全に露出していない状態だが手で剥いたり勃起したりすると亀頭が露出する物を総じて仮性包茎と呼びます。

仮性包茎と衛生
仮性包茎というとどうしても不衛生なイメージがあると思いますが如何でしょうか?実際の事を申し上げると仮性包茎が不衛生なのではなく、不衛生になりやすいという事になると思います。では何故仮性包茎は不衛生になりやすいのでしょうか?

仮性包茎と感染
仮性包茎の男性は性病に感染しやすいと言われています。しかしこれは不衛生の件でも述べましたが仮性包茎が問題なのではなくてリスクの高い性交渉等に問題があるのではないでしょうか?仮性包茎を悪者にする論調には疑問を感じます。

仮性包茎と性行為
仮性包茎の男性は性交渉をする際に問題があるのではいか?と不安に思っている方が多いと思います。真性包茎やカントン包茎の場合は問題が生じてくる事もありますが仮性包茎の場合は特に問題はないと考えられています。

仮性包茎の手術
仮性包茎に手術は必要なのでしょうか?世間的に知られている普通の仮性包茎であれば特に必要はありませんが包皮輪狭窄の強い仮性包茎やカントン包茎の場合は手術をした方が良いでしょう。痛みを感じるなら特に手術をお奨めします。

仮性包茎と矯正
仮性包茎は日常生活や性生活において殆ど支障をきたす事はありませんが、世間的にはやはり良いイメージはないといえるでしょう。最近では包茎の矯正グッズ等が安価で販売されていますので試してみるのも良いかもしれません。

包茎矯正器具
包茎矯正器具は包茎の男性であれば一度は目にした事があるのではないでしょうか?文字通り包茎を矯正してくれる器具なのですが医学的に安全性が保障されていなかったり他人に見られると恥ずかしい思いをしたりデメリットもあります。

包茎と病気
包茎自体は病気ではありませんが包茎が原因となって引き起こす病気というのは結構あります。尿路感染症や陰茎ガン・亀頭包皮炎等、様々な病気の原因となる事が多く女性に子宮ガンを誘発させてしまう事もあると言われています。

陰茎ガン
男性特有の性器の病気として陰茎ガンがあります。60歳以降の比較的高齢者の方がかかり易い病気なのですが原因のひとつとして包茎による不衛生が挙げられています。包茎の男性は普段から陰茎を清潔にしておきましょう。

真性包茎
真性包茎とは亀頭が包皮に癒着し完全に覆われていて自分では剥く事の出来ない状態の事を指します。包皮口が狭く勃起時に亀頭が締め付けられ痛みを感じたり常に包皮に包まれているので尿や恥垢等が溜まり不衛生になります。

包茎のコンプレックス
包茎である事の最大のデメリットは手術の必要のない包茎の場合は心の問題にあると言えるでしょう。包茎だという事をコンプレックスに思う男性は多いのではないでしょうか?清潔にしていれば問題はありませんが気になるのであれば治療をお奨めします。

包皮
包茎の原因となっている余分な包皮。男性からは嫌われる事の多い包皮ですが本来は大切な役割があります。亀頭や陰茎の保護もそうですし性感帯の一部としての役割も果たしています。このページでは包皮について学びましょう。

包茎手術商法
包茎手術商法とは男性患者の悩みに付け込んで利益第一主義で本来は不要な手術を行ったり金銭を過剰請求する商法の事です。包茎クリニック全てがそういった商法ではありませんので治療を受ける際にはきちんと選ぶようにしましょう。

包茎手術のあり方
包茎手術のあり方とは体内に溜まった不要物を対外に排出させる健康法の事をいいます。アンチエイジングにも密接に繋がりのある包茎手術のあり方の方法をご紹介致します。

包茎手術の値段
包茎手術の値段はどれぐらいなのでしょうか?個人の症状や保険の適用等により様々ですので専門医に直接相談してみましょう。

カントン包茎の原因
カントン包茎という包茎の一種を聞いた事はありますでしょうか?包茎の中でも非常にやっかいな症状なのがこのカントン包茎です。

黄色いリボン
黄色いリボンという名前の包茎矯正器具はご存知でしょうか?装着したまま性交渉も出来るという事で有名ですがペニスのサイズや包茎の症状によってきちんと選ぶ必要がありますので専門医に相談しましょう。

縦切開横一文字縫合手術と亀頭直下縫合手術
縦切開横一文字縫合手術と亀頭直下縫合手術について簡単に説明をしてみます。自分の症状に合った手術は一体どのようなものなのかを知っていただければと思います。

環状切開術
環状切開術は包茎手術で最も施術数の多い手術ではないでしょうか?ここではどのような手術なのかをご説明したいと思います。

お奨め情報
包茎治療・手術
包茎手術の第一人者の本田昌毅医師が直接カウンセリングから施術まで責任を持って行ってくれる本田ヒルズタワークリニックです。 私も先生に手術をしていただき悩みが解決されました。カウンセリングも本田先生にしていただいて安心して手術に臨めました。 現在、亀頭増大治療のプレゼントキャンペーン中ですのでまずは相談してみましょう!
携帯サイト紹介
当サイトの携帯サイトが完成しました!包茎治療のコツが携帯でも見れますので是非ご活用ください!
包茎治療 携帯サイトQRコード
管理人紹介
思春期の頃から真性包茎でずっと悩み続けつい最近包茎手術を受けた30代の会社員です。
彼女が出来ても包茎が恥ずかしくて性交渉にも消極的でしたが、脱包茎をしてからはコンプレックスもなくなり堂々としていられるようになりました。
もし包茎でお悩みの方がいらっしゃったら是非当サイトを見てもらいたいです。
宜しければ「お気に入り」に登録していただけると幸いです。